三愛小児科・アレルギー科

栗東市の小児科なら、医療法人社団 三愛小児科・アレルギー科

〒520-3024 滋賀県栗東市小柿6丁目10-2
TEL 077-553-6656

ブログ紹介

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

予防接種

申込方法

【接種 時間帯】
月曜日 14:00~15:30
火曜日 14:00~15:30
水曜日 14:00~16:30
木曜日 14:00~16:30
金曜日 14:00~15:00
土曜日 14:00~15:00

【ワクチン 複数 同時 接種】
ほぼ全てのワクチンは、同時接種可能です。
しかし、ご心配な場合は、1種類ずつ 確実に 接種しましょう。
母子手帳を参考に、適切な接種時期を、毎回お話いたします。
長期計画より、次の1回だけを 覚えておきましょう。

ご予約は、 携帯・パソコンネットhttp://www.5536656.com
または電話077-554-8511(自動音声予約)
ご希望ワクチン1種類だけ申し込み下さい。

他の同時接種ワクチンは
電話077-553-6656(受付窓口)に、直接お伝え下さい。
受診日当日の変更、追加、ほぼ可能です。

【インフルエンザワクチン】
接種受付は終了いたしました。
今年は決定したワクチン株を途中変更したために
製造開始が遅れて製造量が減少し
病院 クリニックへの納入は前年の80%程度になります。
(平成29年9月)

【麻しん風しん=MRワクチン】
公費・自費 以下より お申し込み お待ちしております。
ネット http://www.5536656.com 終日
自動電話 077-554-8511 終日
スタッフ電話 077-553-6656
平日 8:30~19:30、土曜 8:30~16:30
受付カウンター 平日 8:30~19:30、土曜 8:30~16:30
予防接種

【日本脳炎ワクチン】
公費接種1回目と2回目は受付カウンター、
または電話077-553-6656にて平日8:30~19:30にご予約可能です。
たくさん入荷した日には、公費3回目・4回目も予約できます。
余裕が無いため渡航のための自費接種ができません。

【A型肝炎 破傷風 単独ポリオ 風疹】
必ず 事前の申し込みが必要です。

【B型肝炎 ヒブ 小児肺炎球菌 4種混合 水痘 BCG ロタリックス おたふくかぜ】
在庫が豊富なので、突然の接種に対応できる事が 多いです。

【ワクチン 質問箱】
(質問)接種し忘れたワクチンがあるのでは?
(答)→ 平日の診療時間帯に、母子手帳をお持ち下さい。
本人でなくても 兄弟、姉妹のご相談もOKですので、母子手帳をお持ち下さい。

(質問)最初に どれからしたらよいのか? どれが公費なのかわからない?
→ まずは公費(無料)から接種しましょう。
(答)生後2ヵ月に達していたら、ヒブ、小児肺炎球菌、B型肝炎ワクチンです。

(質問)とにかく わからない
(答)→ 受付窓口電話 077-553-6656 までお待ちしております。

 

公費接種

【公費接種の順番】
母子手帳の持参が、毎回必要です。

生後2カ月から、ヒブ(髄膜炎)、肺炎球菌、B型肝炎。

生後3カ月から、BCG(結核)、4種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)。

1歳から、MRワクチン(はしか 風しん)、水ぼうそう。

3歳から、日本脳炎。

11歳から、2種混合(ジフテリア、破傷風)。


【麻しん風しん予防接種(MRワクチン)】
公費です。すなわち期間内に無料で接種できます。
第1期接種は1歳の誕生日 前日~2歳の誕生日の前日 まで。
法律では誕生日の前日に 年をとるからです。

第2期接種は、5歳以上7歳未満で小学校入学前の1年間。
ようするに小学校入学前の1年間です。
小学校の入学日は 入学式の日ではない ところがややこしいです。
入学日は4月1日です。
こう決めますと国内一斉同じ日に小学生になります。

 

【任意接種】費用は全て消費税込みの価格です

水ぼうそう(すいとう)   7,500円
おたふくかぜ  5,000円

B型肝炎
 10歳未満  1回 4,000円
 10歳以上  1回 4,500円

ロタリックス  1回 12,500円 これを2回
ロタテック  1回 8,500円 これを3回


A型肝炎  1回 7,500円
破傷風  1回 3,000円

【シナジス】
現在、接種しておりません。

【海外渡航
渡航ワクチン、渡航健康診断、渡航検査は休止しております。
母子手帳の英文翻訳、英文接種証明書は、発行しておりません。

 

病気と接種間隔

体温が 37.5℃以上の場合、接種できません。
薬を内服していても、病状が安定していれば、多くの場合 接種可能です。
  麻しん(はしか):治癒診断後 4週間で接種可能です。
風しん、水ぼうそう、おたふくかぜ:治癒後2週間で接種可能です。
突発性発疹、伝染性紅斑(りんご病)、手足口病:発疹が消失 または 軽快したら接種可能です。
溶連菌感染症:内服終了し、症状が無ければ 接種可能です。
熱性けいれん:およそ1カ月後に接種可能です。

授乳中でも、ワクチンは可能です。
  妊娠の場合には、産婦人科医師の許可が必要です。